CECIL McBEE / Renew Logo
30年以上続く(株)ジャパンイマジネーション様の代表ブランド「セシルマクビー」のリニューアルロゴを制作しました。
「セシル=ギャル」のイメージを取っ払いたい。
クライアントからのオリエンテーションの一言目がこれでした。

「セシルマクビーって、ギャルブランドでしょ」この30代以上の思い込みが呪いになったのは、いつからでしょうか?
セシルマクビーは、それこそギャルカルチャーの代のような存在として一世を風靡しましたが、
時は30年流れて数年前から十代の女の子のリアルに寄り添うカジュアルブランドへ。
ただ、旧ロゴをみただけで当時のギラギラしたギャルファッションや黒と金の散りばめられた店舗を思い出し、
このブランドへのマイナスイメージを持っている人の多いこと。
GIGANTICでは、その「呪い」から解き放ち、イメージチェンジして新たに歩き出そうとする
「普通の女の子」を応援するつもりでロゴをデザインさせていただきました。
そう、「セシル=ギャル」「ギャルだったらギャルを貫いてほしい」と言う人たちは、
そもそも今のセシルマクビーなど見ておらず、10年以上前のイメージだけで物を言うだけで、
そもそも、もうターゲットでもないのです。

ファッションブランドのロゴの話でいうと、ハイブランドなどロゴを敢えてアイコンとしてアピールするブランドでない限り、 
「ブランド名は誰も見ていないし、でも一応見られてはいる」というポジションだと思ってます。
 ZOZOTOWNなどのECサイトでどのブランドもフラットに商品だけ見られてしまう時代、
ロゴなんて、商品を決めた後で「あ、ここのブランドか」と気づくためだけのもの。(そもそも気にしない人もいます)
ロゴは実は大事じゃない。でも見られては、いる。

また、大事にしたことはもう一つ。
シーズン毎にファッションの流行を読み、それに乗り、一瞬で流行りの変わるターゲットの世代のニーズに合わせた服を
作っているブランドの場合、ロゴは服のように何度でも着替えたら良い、と思っています。
ブランドなら、ロゴを変えるな。ジャンルを変えるな。というのは大きな間違いです。
ファッションはもっと楽しく、気軽なもの。
時代に合わせてブランドもロゴも楽しく生まれ変われたら良いなと思っています。
Client
Japan imagination Co.Ltd.
LOGO (Art Direction)
柴田春菜 (GIGANTIC)
LOGO (Design)
GIGANTIC
Interior (Art Direction/Design)
楠本智克 (Next Basic Designworks)
Back to Top