Heavy Rotation / Advertising 2020
株式会社伊勢半さまの眉メイクブランド「Heavy Rotation」2020年の年間キービジュアルを制作しました。
笑顔も、泣き顔も。みんな素敵にしてあげる。
目元はメイクの要。そしてアイメイク商品は瞳から眉まで多岐にわたる。
マスカラ、アイシャドー、アイライナー、ハイライト、アイブロウ...
各ブランドが趣向を凝らした商品を研究しているのに、広告に大差はない。
Heavy Rotationはアイブロウのブランド。
だからもっと「眉」にフォーカスした広告が作れないだろうか。
そう考えました。

スマホの絵文字を見てみると、実は表情は「眉」が作っていることがわかります。
スマイルマークにハの字眉で悲しい顔、眉と目の間を離せば驚いた顔。
また、マスクをする日本人は目元でのコミュニケーションを大事にすると言われています。
眉はあなたの全ての感情を表すことができ、あなたは眉によって表情豊かになる。
そう、眉が美しければ表情がすべてきまる。
たとえあなたがアイシャドーが落ちるくらい泣いても、本気で怒っても。

Heavy Rotationは、メイクをする人にもっと泣いて笑って怒ってほしい。
笑っているだけ、感情を我慢してるだけが可愛いわけじゃない。
眉が決まれば、すべての表情があなたらしく、すべての表情が素敵。
眉メイクに特化したブランドならではのメッセージに。

モデルの花之枝しほりさんを1人2役に、笑顔と◯◯顔の「二人の自分」を撮影。
2人が寄り添ったり、見つめあったりすることで
どちらの感情も2つで1つで、どちらの自分も愛そうという意味を込めました。
Client
株式会社伊勢半
Creative Director / Art Director
柴田春菜 (GIGANTIC)
Designer
GIGANTIC
Photographer
Sayuri Ichida
Retoucher
Tomoko Inoue
Hake-Up Artist
平賀富美子 (TACCA)
Stylist
武田亜利沙
Project Manager
木下阿佐美
Back to Top