SPRING IS HERE. / Tokyu SCRAMBLE SQURE - SPRING Promotion 2021
渋谷の東急スクランブルスクエア 春のキャンペーンビジュアルを制作しました。
2020年、
私たちがいちばん欲しかったのは
ぬくもりだと思う。

世界が変わってしまってから、
 もうすぐ一年が経とうとしている。
 2020年、私たちは自分を守り、 
よく耐え、よく生きた。

2021年は、 会いたい人に触れて、
伝えたいことを伝えて、 
自分を人を愛せる年にしたい。

長い長い冬を超えて、 また春がやって来る。
 自分を、あなたを、あの人を いますぐ抱きしめにいきたい。 
たとえ画面越しでも。音声だとしても。

日本の50年代の名画「また会う日まで」に、恋人のガラス越しのキスシーンがあった。コロナ禍、今やそれは、パソコンの 画面越しかのようになってしまった。それはディストピアのようにも見えるけれど、そんな今だからしかできないこと、言えないことがきっとあるはず。渋谷のビルは、暮らしや情勢、未来を映す鏡。だからスクランブルスクエアにしかできないメッセージもある。
自分磨きは2020年にやり飽きた。 何が怖くて、何に気をつければいいかも 一年を通してわかってきた。 来る2021年の春。 気分転換に、マスクをして買い物に出かけよう。 外の空気を吸いに行こう。 あの人に会いに行く服を選ぼう。 両親においしいものを贈ろう。 
今年やるべきことは、何もしないことじゃない。 会いに行きたい人に会いに行く。 伝えたいことを伝えよう。 共生しよう。
Client
東急スクランブルスクエア
Creative Director
石黒篤史 (OUWN)
Art Director
柴田春菜 (GIGANTIC)
Designer
GIGANTIC
Illustrator
AICON​​​​​​​
Back to Top